また新しい家族(ペット)が欲しい(2)

 

こんにちは、前回の続きです。

本当にペット(犬)の死というのは突然に来ました。

前日まで元気でしたし散歩にも行き、ご飯ももりもり食べていました。

私たち夫婦が飼っていた犬も猫も、年齢の割には遊びまわるし、動き回るし若々しい感じでした。

老いを感じることもありましたが、まだまだ元気だと思っていました。

犬は散歩の度にはしゃぎまわるし、猫は部屋を荒らしまわるし2匹とも介護とは無縁の生活でした。

突然の死

それが、最初は犬から。

急でした、朝いつも起こしに来るのに、来ない。

側に行ってみると、クンクン泣きだし辛そうにしていました。

この時、直観で「今日まで」だと思いました。

その後、動物病院が始まる前、行く間もなく亡くなるのですが、だんだんと歩くことも出来なくなり息が荒くなってきました。

意識がもうろうとしてきて、それを眺めることしかできず、辛い思いをしました。

 

亡くなった後は途方に暮れたことを思い出しました。

しばらく、一緒の布団に入れ眠りました。

それからすぐに、今度は猫の様子がおかしいことに気づきます。

上手く言えないですが、いつもと様子が違う。

急に老けたような、なんともいえない違和感。

動きに元気がない。

動物病院に連れて行きましたが「年齢も年齢ですし、覚悟はしておいた方がいいかもしれません」と言われました。

目の前が真っ暗でした。

でもその後に「飼い主さんが今から暗い顔をしていたら猫も悲しみます、猫ちゃんはまだ生きています、今から幸せな時間を猫ちゃんに与えてください」と獣医さんから言われました。

あの一言は忘れれません、それから楽しくペットと過ごすことに専念しました。

そして犬が亡くなってから一ヵ月経たないうちに、猫も同じところに行きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です